文房具

『パーカー・IM万年筆』は硬めの描く心地で僕には合わなかった

今回はパーカーから出ているIM万年筆のレビューをしていきたいと思います。

この万年筆ですが、タイトルでも述べたように硬めの描き心地になっています。

僕はどちらかというと、柔らかめの描き心地の万年筆が好きなので、本製品は全く合いませんでした。

なので少々酷評よりのレビューになると思います。

この記事があなたの役に立てたのであれば嬉しく思います。

外観について

全体的に落ち着いたデザインであり、どんなシーンでもぴったり合うような感じがしますね。

僕が買ったのは『ソードアート・オンライン』というライトノベルとのコラボモデルです。

期間限定の受注生産なのでもう手に入りません。レアペンですね。

通常のモデルとの違いは、専用のロゴが入っていることぐらいですね。

本体は鉄製ではなくプラスチックでできており、なんとなく安っぽいという印象が否めません。

通常盤4000円という値段帯の万年筆ならば、できれば本体が金属製であって欲しかった。

たしかに4000円ぐらいの値段帯では、金属製のボディをしていないものも多いのですが、備えている製品もたしかに存在します。

例えば万年筆の有名メーカーであるLAMYのアルスターなんかは、金属製のボディーを有していますね。

LAMY

万年筆なのに持っていて高級感を感じないのはマイナスポイントです。

本体のボディーや他の万年筆のことはひとまず置いておいて、ペン先の方を見てみましょう。

ペン先はこんな感じ。

ちょっと横幅が普通の万年筆と比べて太いかなと思います。

実際に書いてみた

実際に描いてみたところ、何かが引っかかっているような感触が強いです。

なんででしょうか?

Amazonのレビューを見ていると、このペンはかなり硬めの書き心地になっているようです。

どちらかというと、柔らかめのペンが好きな僕には合わなかったのかもしれません。

描いていると、ノートを爪で引っ掻いているような感触がして、するすると文字を書くことが来ませんでした。

インクの量が控えめであるため、滑りが悪いからでしょうか?

ただ大きめの文字を書いているときは、この引っかかっている感じが絶妙に気持ち良く感じます。

契約書などに大きめの文字を書くことが多い方は購入を検討すると良いかもしれません。

学校のノートやビジネス手帳などを利用しており、細かい字を書くような人は、書いた時に違和感を凄く感じると思うのであまりお勧めしません。

最後に

今回は『パーカー・IM万年筆』を紹介しました。

非常に落ち着いたデザインであり、どんな場面でも活躍できるでしょう。

ただ本体が安っぽく見えるのと、書いている時に引っかかる感じをが強いことから、正直あまりお勧めではありません。

これを買うのであれば、LAMYのアルスターをお勧めしたいです。

パーカー・IM万年筆と同じ値段帯でありながら、買いている時に引っかかる感じはなくスルスルとペンを進ませることが出来ます。

また本体が金属で出来ていることも評価が高い。

このブログにはLAMYのアルスターのレビュー記事もあります。よければ一緒にチェックしてみてください。

LAMYのアルスターはどんな人が買うべきか?サファリとの違いは何? 今回はLAMYの万年筆アルスターのレビューをしていきたいと思います。 この製品とよく比較されるのは、同じ会社から発売されているサ...

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Amazonで安く商品を購入する方法

Amazonで買い物をする前に、Amazonギフト券をチャージしておくのがオススメ。

現金でAmazonギフト券をチャージするたびに、最大で2.5%のポイントが貰えます。

一般会員でも十分お得なのですが、プライム会員だとさらにお得になります。

Amazonで買い物するのであれば先にギフト券をチャージして、チャージしたポイントで商品を購入した方が安くなりますよ。

使わないと損です。

詳しいやり方などの詳細は公式サイトをチェック!